シンフォリカルポスってどんな植物?



プクッとした実がかわいいシンフォリカルポス。

シンフォリカルポス

シンフォリカルポス



寒さに強く、「地植え」や「鉢植え」で毎年花と実を楽しむことができます。
ウエディングブーケにも使われ、眺めていると優しい気持ちになれます。
お庭で育てることができたらステキですね。

信州ナーセリーでは、鉢やポットで生産・販売しています。
実つきをご希望の場合は、8月下旬から、お花屋さんの店頭もしくは直送・直売で購入できます。




それでは、成長の様子を見ていきましょう。


初夏、つぼみがつき、すずらんを小さくしたような可憐なお花が咲きます。

シンフォリカルポスのつぼみ

シンフォリカルポスの花


ちょっと黒くなっているのは蜂が受粉した証拠。

シンフォリカルポスの花



8月下旬、実の赤ちゃんが確認できます。
秋が深まるにつれて大きく色づいていきます。

シンフォリカルポス 白実

シンフォリカルポス ピンク実



カメムシが水分を吸ってしまうと、実が傷ついてしまいます。
茶色くなった実はとりましょう。


実を楽しんだ後は、地際で切り戻しておくと春になり新芽がふいてきます。

シンフォリカルポス 新芽




当社で扱っているシンフォリカルポスは、管理生産されている品種です。営利を目的とした増殖及び販売にはライセンス契約が必要です。育種素材・切り花生産の利用もできません。